ピックアップ記事
自宅待機中の杉村太蔵、コロナ対策の問題点を指摘 「考え方を変えなきゃ」
杉村太蔵

衆議院議員で薄口政治評論家杉村太蔵が、23日生放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に自宅からリモート出演。娘が濃厚接触の可能性があると認定されたことと、自宅待機の判断が厳しすぎるのではないかと持論を述べた。

■家族の影響で…

いつもは別スタジオからスーツ姿でリモート出演する杉村だが、この日は普段着で自宅からの出演。MCの爆笑問題田中裕二からその理由を聞かれると、「とにかく今、学校は徹底的に感染対策をしていますよ、と。大人が見てここまでやるのかってくらいやってますと」と語り始める。

そして、「昨日の夜、連絡があったんですけど、一番上の中2の長女の学校で感染者が出たと」「おたくの娘さんは、濃厚接触者の“可能性”が高い、と」と告白。

続けて、「学校は誰が感染したかは公表しない、配慮してるんですけど…」「ご家族は29日までご自宅で健康観察をしてください、ということなんです」とリモートとなった理由を明かした。

関連記事:杉村太蔵、SNSは「治安の悪い地域」と指摘 視聴者からは共感の声

■さらなる自宅待機を危惧

杉村は「幸いなことに、全くうちの家族は発症していない、元気いっぱいなんですけど、そういう状況なので、今日は自宅からやらせてもらってる」と、体調には問題がないことをアピールする。

しかし、この措置には「僕が一番懸念しているのは、小学生の息子がいるんですけど、そこで濃厚接触者になったらまた10日間家にいなくちゃいけない」と危機感を口に。

「『サンジャポ準レギュラーの座も危うい!」と冗談も交えつつ、仕事に影響が出ていることをにじませていく。

■「考え方を変えなきゃ」と…

この処遇に対し、田中も「もちろん注意は必要だけど、どこまで注意するのかってなっちゃいますからね」「この太蔵くんのパターンをかいくぐってる人ってどれくらいいるんだろうってなっちゃいますからね」とその厳しさを口に。

杉村も「田中さんもお子さんいますけど、明日は我が身です!」「全国の保護者の皆さん、明日は我が身です!」と窮状を訴えた。

そして最後は、「子供たちから聞いた限り、これだけ(対策)やっていって、何か防げるのか? そういうレベルではないんじゃないか。何か考え方を変えなきゃいけないんじゃないか」と、自宅待機等の基準を見直すべきとも指摘している。

■経済活動の維持も危ぶまれる現状

現在、日本は感染拡大の真っただ中。オミクロン株は感染力が高いこともあり、感染者濃厚接触者の療養・隔離が相次ぐことで、経済活動やインフラの維持が危ぶまれている。

今回の杉村の「何か考え方を変えなきゃいけないんじゃないか」という提起も、そんな現状を表すものに。感染爆発の中、コロナ対策はさらに難しさを増している。

・合わせて読みたい→杉村太蔵、エコーチェンバー現象に警鐘 「テレビはマスゴミだと決めつけて…」

(文/Sirabee 編集部・玉山諒太

自宅待機中の杉村太蔵、コロナ対策の問題点を指摘 「考え方を変えなきゃ」

(出典 news.nicovideo.jp)

杉村 太蔵(すぎむら たいぞう、1979年〈昭和54年〉8月13日 - )は、日本の元政治家、コメンテーター、政治評論家、タレント、元衆議院議員(1期)。 北海道旭川市に生まれる。父と祖父は歯科医、曾祖父は弁護士で、三兄弟の長男である。 小学校4年生の時から親の影響でテニスを始め、北海道札幌藻岩高
33キロバイト (4,654 語) - 2021年12月16日 (木) 00:19
感染者の増加=検査する人の増加 に驚きしかない。
ちょっとでも体調が優れないと検査に行くのかね?
もういいかげんこんな馬鹿げたことやっていたら日本終わるよ。
以前と違い病床率で判断しているようだが、死亡率で判断した方がいいよ!
コロナが終息した後に待っている現実の方が今より地獄になるのは明らか。

<このニュースへのネットの反応>

ピックアップ記事
おすすめの記事