ピックアップ記事
金子恵美、政府の”まん防”適用の意図を分析 「やらないでいると批判が…」
金子恵美

18日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、金子恵美が13都県にまん延防止等重点措置を適用する方針を固めた政府の意図を独自分析した。

■まん延防止等重点措置を13都県に

政府が18日、新型コロナウイルスの新規感染者が増加している東京や神奈川など13都県にまん延防止等重点措置を適用する方針を固めたニュースを紹介した『バラいろダンディ』。

番組によると、時短営業を強いられる飲食店からは「要請に応じない。(前回までに)応じたら、要請を破った店に客を取られた」「看板の明かりは消すが常連客には対応する」などと、不満の声が出ているのだという。

関連記事:武井壮、まん延防止措置に苦言 「実情に即した対策が必要だよね」

■金子が政府の意図を分析

金子は措置について、「飲食店の方々からすれば、本当にやれと言われたことを真面目に、感染対策をしっかりやっていて、さらにここでまた、そこにしわ寄せが来るっていうことは、もうやってられないというお気持ち本当よくわかりますよね」と語る。

そして、「これまでのコロナ対策対応っていうのは、新規陽性者数という数字と、さらに医療の逼迫度っていうのと、社会経済活動と。それぞれのバランスを取ってきたけれども、私は今回、そこに加えて政府の国民感情への最大限の配慮みたいな、考慮みたいなところが入ってるように思えてしまうんですよね」と指摘した。

■経緯も分析

さらに金子は「だからそれから政治判断、政治決断ということになると思うんですけども、効果があるかどうかっていうよりは、どちらかというとその色(国民感情への配慮)が濃い。私はそっちだなと思いましたね、印象として」とコメントする。

MCのふかわりょうから都知事の判断基準などについて質問されると、適用や制限の範囲を決定するのは都道府県知事としたうえで、「私は今回、都道府県知事からの要請はもちろん受けたうえでの方針として出してますけど、そもそも官邸政治のほうでは、もうこれはやらざるを得ないっていうのが、もっと早い段階から空気としてあったのを聞こえていたので」と話した。

■適用は「後手だと言われるから?」

金子はさらに「なんとなくその各都道府県知事も、もちろんやることによって基準をそれぞれ設けてやるけれども、もう少し大きな力で国が落ちてるような印象を持ってます」と語る。

そして「やらないでいると批判があるだろうと。何か手を打っておかなかったら、後手だと言われるだろうというところが感じますよね」と分析していた。

・合わせて読みたい→菅義偉首相、自身も対策会議でテレワーク実践 全国一斉休校は「予定なし」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

金子恵美、政府の”まん防”適用の意図を分析 「やらないでいると批判が…」

(出典 news.nicovideo.jp)

により新型インフルエンザ等緊急事態宣言に至る前に全国的かつ急速なまん延を防ぐことを目的として、新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置が設けられた。ただし、新型インフルエンザ等緊急事態宣言及び新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置ともにこれまで適用されているのは、全世界で感染が拡大している
183キロバイト (20,821 語) - 2022年1月18日 (火) 08:41
毎度思うが苦しいのは飲食店だけじゃないから!!!

<このニュースへのネットの反応>

ピックアップ記事
おすすめの記事