ピックアップ記事
【日韓関係】大統領選でどちらが勝とうが日韓関係は悪化するという残念な未来
ファンドビルダー:韓国コラムニスト

JBpressですべての写真や図表を見る

いわゆる「ソウルの春」(1979~1980、朴正煕暗殺から戒厳令が全国に拡大する直前までの時期)以後、韓国の有権者が直接投票して選出された大統領は、盧泰愚元大統領が初めてだった。韓国の大統領任期は5年であり、再任は不可能である。朴槿恵大統領の場合は、弾劾のため1年早く退いた。韓国では、政治的指向を普通、「保守派」と「進歩派」に大きく分ける。それぞれが日本における「右派」と「左派」に該当する。盧泰愚以後の歴代大統領の政治的指向は下記のとおりである。

-盧泰愚(任期:1988年02月~1993年02月)→ 政治的指向:右派
-金泳三(1993年02月~1998年02月)→ 右派
-金大中(1998年02月~2003年02月)→ 左派
-盧武鉉2003年02月~2008年02月)→ 左派
-李明博2008年02月~2013年02月)→ 右派
-朴槿恵2013年02月~2017年03月、弾劾)→ 右派
-文在寅2017年05月~2022年05月)→ 左派

以上のように、韓国の有権者は7回の大統領選挙で、右派-右派-左派-左派-右派-右派-左派と大統領を選出してきた。ここで、一種のパターンを見出すことができる。それは、右派でも左派でも、一回の政権延長に成功しているという点だ。言い換えれば、朴槿恵大統領を除けば、右派と左派は10年周期で交替しているのである。つまり、以下のようだ。

-右派10年(盧泰愚+金泳三)
-左派10年(金大中+盧武鉉
-右派10年(李明博+朴槿恵、弾劾により実際は9年)

過去30年間、繰り返されてきたこのようなパターン(1回政権延長=10年周期交替)が、今回の韓国の大統領選挙でそのまま再現されれば、次期大統領には左派が登場することになる。すなわち、以上のようなパターンの延長線上に、「左派10年(文在寅+?)」が追加され、左派が続くということだ。

現在、複数の左派候補者の中で李在明候補が最有力なので、このパターンによれば、次の大統領は李在明氏ということになる。

一方、日本は右派政権(保守政権)に落ち着いている。実際のところ、日本で左派政権が執権しても、国家の安全保障が危険にさらされることはない。だが、韓国は違う。韓国の左派は、親北(親北朝鮮)指向が強く、親中的であり、反米的だ。したがって、左派が執権すれば、露骨に北朝鮮の肩を持ち、中国に追従することになる。それにより、韓米同盟と日米韓協力に亀裂が生じ、韓国の安保に対する脅威が高まることになるのだ。

李在明候補がFBに載せた病的な反日文

残念なことに、左派政権によるこのような安保的なリスクにもかかわらず、韓国の有権者は歴代大統領選挙で、相当な比重で左派政権を選択してきた。7回の大統領選挙で、右派大統領を4回、左派大統領を3回選出したのだ。今回の大統領選挙でも過去のパターン通り左派大統領が選出されたら、右派と左派が拮抗し、4対4の同等になる。

駐韓米軍が長期間にわたって国防の相当部分の責任を負っていたためなのか、韓国の有権者は核武装した北朝鮮の威嚇にもかかわらず、このような形で、右派と左派を行ったり来たりして、危機感が余りない。有権者の相当数が、韓半島情勢に対しての見識がなく、基本的な教養と知識が不足しているため、右に行ったり左に行ったりと、ふらふらしているのだろう。

韓国に左派政権が登場するのは、不吉な兆しだ。しかも、一旦左派政権が登場すれば、パターンに基づいて、政権が1回延長(10年執権)となる可能性が濃厚だ。より一層不吉である。

以上のことから、10年周期で左派と右派にそれぞれ政権を任せるという韓国の大統領選挙パターンは、一種のジンクスだと言える。

現在、左派の李在明候補と、右派の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補は、各種の支持率調査において二転三転しながら、接近戦を繰り広げている。そのうえ、李在明候補の息子が、買春と賭博疑惑に包まれており、尹錫悦候補の配偶者は経歴詐称疑惑に包まれた状態だ。このような家族問題の浮上により、二人の競争は次第に泥沼化していくようだ。

左派の李在明候補の日本観は、まさに病的な反日に凝り固まった多くの韓国人が見せる、典型的な姿そのものである。日本経済新聞が李在明氏を「過激な反日人物」と報道したことに憤慨し、2020年9月2日に李在明氏がフェイスブックに挙げた以下のような文を見るだけでも、どのくらい対日敵愾心に満ちた人物なのかを知ることができる。

「日本保守右翼に警告します。(中略)今の日本は極右勢力を支えた最長寿の安倍総理の没落と、新型コロナ、景気低迷などでパニック状態です。現実に対してなす術がない自国民の視線を外部に向け、敵対心を抱かせ、内部結束を強化するという日本極右勢力の伝統的な戦略により、(中略)彼らが望むのは、反韓感情の助長による韓日葛藤です」

軍国主義、軍事大国という愚かな欲望のために、反韓感情を煽り、自国民を騙すようなことはもうやめなければなりません。日本が夢見る理想の国家になるためには、金とイージス艦ではなく、平和と人権に対しての国家的な信頼があってこそ可能です。そして、国家的な信頼の回復は、侵略と人権侵害の歴史を反省し、真心に満ちた謝罪をして、初めて始まるのだという点を肝に銘じてください」

実は右派政権の時に悪化する日韓関係

李在明氏は、韓国で開かれる「竹島の日 糾弾集会」にほとんど毎年参加している。国内外の慰安婦像除幕式など、様々な反日行事にも必ず顔を出している。彼の日本関連の発言は、とても過激だ。2015年慰安婦問題日韓合意に対して、彼はこのように反応した。

朴槿恵政府が10億円のはした金で、勝手に反倫理集団の強姦犯と約束をした」

日本を反倫理集団の強姦犯と比喩した李在明氏は、日本を敵国だと表現することもあった。2016年11月23日に締結された日韓軍事情報包括保護協定GSOMIA)に関連して、李在明氏は自身のフェイスブックなどで、このように発言した。

「事実上の敵国である日本に、軍事情報を無限提供するという、売国的な軍事情報保護締結を、直ちに中断することを要求する。(中略)軍事的側面で、日本は相変らず敵性国家であり、日本が軍事大国化する場合、最初の攻撃対象が韓半島になることは明らかだ」

2021年5月27日、京畿道知事幹部会議ではこのように言及した。

「福島原子力発電所放射能汚染水の放流は、全世界、全人類の共同海洋を傷つける、反倫理的行為だ」

発言は過激だが、あまりにも非現実的なので、「時代錯誤的な迷夢」を彷徨っているように見える。現在の日韓関係は史上最悪だ。李在明氏が大統領になったら、日韓関係はもっと最悪の関係に陥る可能性が濃厚である。

それならば、右派の尹錫悦氏が大統領になれば、日韓関係は改善されるだろうか。 残念だが、尹錫悦氏が大統領になっても、日韓関係の根本的な改善は不可能だろう。なぜならば、今まで韓国に右派政権が登場した時に、日韓関係はより悪化してきたからだ。

このような意外な事実は簡単に確認できる。

1965年の日韓国交正常化以降、日韓関係を悪化させた韓国の代表的な大統領として、金泳三、李明博朴槿恵文在寅が挙げられる。この中で、3人が右派だ。左派は、文在寅氏ただ一人である。したがって、韓国に右派政権が登場することは、日韓関係において、かえって良くない状況へと展開する可能性が大きい。

右派政権が反日を志向する根本的な理由

また、過去30年余りの間の歴代政権の特徴として、政治的指向(右派or左派)によって「左派政権は親北に没頭、右派政権は反日に没頭」という現象も、一種のパターンとなっている。

例外は、親北と反日のどちらも熱心に推進する文在寅政権だけだ。来年、左派の李在明氏が政権を取ったらどうなるだろうか。文在寅政権と同じように、親北はもちろん反日にも熱心であることから、「左派政権は親北反日のどちらにも没頭、右派政権は反日に没頭」というパターンに変わることになるだろう。

それなら、韓国の右派政権はどうして反日に熱心なのだろうか。いろいろ理由があるだろうが、もっとも大きな原因は一種の「ポピュリズム」のためだと見ることができる。反日を利用して、自身の支持率を高めようとする誘惑から抜け出せずにいることだ。

李明博大統領の竹島上陸は、その代表的な例だ。左派政権にもポピュリズム傾向があるにはあるが、彼らはポピュリズムよりは信念によって行動する。国民の支持を得ようが得まいが、歴代左派政権が始終一貫して親北指向を守るのは、ポピュリズムのためでなく信念のためである。

このような側面から見ると、韓国の右派政権は左派政権に比べて、姑息で意気地なしだ。日本との関係改善が必要だということを内心では分かっていながら、非難を押し切って国民を説得する勇気がないのだ。

よく韓国の左派は右派に向かって「親日派!」と罵倒する。ところが、韓国の右派はここに正面から対抗できず、自身が親日派ではないということを国民の前で証明しようとするために、かえって左派よりもひどく反日に邁進する。結局、韓国の右派は左派に対抗する勇気がなく、反日感情に野合するという姑息な手段を選んだために、日韓関係を悪化させてきたのだ。

韓国は「反日」という疾患に集団感染した反日共和国

韓国の大統領選挙ジンクスが繰り返されるならば、次の大統領は左派の李在明氏が当選することになる。そうなると、「左派政権は親北反日どちらにも没頭」というパターンに基づいて、日韓関係はこのまま悪化の一途を辿るだろう。

一方で、右派の尹錫悦候補が当選すれば、30年以上続いた韓国の大統領選挙ジンクスが破られることになる。だが、このような場合でも、姑息な手段によってもたらされた「右派政権は反日に没頭」というパターンに基づき、韓日関係は、同じように悪化したままの状態が続くだろう。

結論的に言うと、韓国の次の政権に、右派(尹錫悦)が登場しようが、左派(李在明)が登場しようが、日韓関係においては何の違いもないということだ。少なくとも日韓関係において、韓国という国家を正常な国家と見なしてはいけない。国民の大部分が「反日」という疾患に集団感染した、反日共和国と見ることが正しい診断だ。それも、既に自然治癒の段階をはるかに超えた重症であると見るべきだ。

右派の尹錫悦氏が当選して大統領選挙ジンクスを破るのかどうか。尹錫悦氏が大統領になった時、果たして彼が「右派政権は反日に没頭」という時代錯誤的パターンを払拭するために、自国民を説得する勇気を見せるのかどうか。これらは、今後の観戦ポイントになるところだ。

尹錫悦氏が当選して、もし彼が日韓関係の回復のために心から臨むならば、これは、韓国に希望の火種がまだ残っているという、バイタルサイン(生命兆候)になるだろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  佐渡鉱山でも繰り返すのか、世界遺産で展開される韓国の抗議活動

[関連記事]

相次ぐ身内の醜聞に方向感を失った韓国大統領選のドロ沼

東シナ海で中国漁船のやりたい放題を許してしまう「条約」の存在

左派だが、親北と反日の両輪を回した文在寅大統領(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

(出典 news.nicovideo.jp)

日韓基本条約で解決された韓国人への賠償問題については、大弁護士協会の魏哲煥協会長が和解案を提示した。 日韓関係の課題には、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に対する安全保障問題もある。2006年10月9に北朝鮮の核実験が初めて行われて、安倍晋三総理大臣と盧武鉉大統領の日韓首脳会談では日韓
225キロバイト (35,731 語) - 2021年12月17日 (金) 20:22
毎度おなじみ

<このニュースへのネットの反応>

寧ろこれ以上どうやって悪化するのか、面白そう。

何が残念かぁ~っ!!

日本に取って足手まといな韓国とは、関係が悪化するのはむしろいい事でしょ。

悪化?正常化の間違いでは?

誰がなっても犯罪者で任期終えたら刑務所への流れを永遠繰り返してるからねぇ。もうお約束だよな。

残念でもない。トンスルではだれが大統領になっても刑務所に行く流れ

反日と言って、民族差別をごまかしてる連中と、仲良くしようとは思わないし、国もこれらに関わるべきではないは、都合が悪ければ右翼レッテル、この記事見てればどこの*どもがやってるのかよくわかるわ、右左関係なく民族差別のカルト的病理なんだから、誰がなろうと未来などない。

これ以上に悪化するのか…(困惑) 戦争でも始まるのかな?

早く完全断交出来る時代が来ると良いですね?

?いつものことじゃん、何を今さら。

そりゃそうやろ。ここまで敵意を持たれたらな。こちらの憤りも爆発しかねんし。

半島は無視していいんじゃねーの?

左派(親北、従中、反日)右派(従米、反日)だからね。よくなる要素は0だけど、よくなればアメリカから韓国の世話を押しつけられるだけだからいわゆる関係が悪いほうが日本は得なんだなこれが

こちらとしては願ったり叶ったりですよ。関係の悪化こそお互いに嫌い合ってる両国にとって明るい未来だと思います。

残念じゃないし当然。韓国による敵意に対して日本が穏便に対応する理由も無くなるし、日本のマスコミによる異常な韓国ヨイショも意味が無くなる。異様なんだよ、どう考えても関係無い内容から急に「ところで韓国では」でやたら韓国だけを褒めちぎる。仮に韓国が関係改善の為に約束を守ったとしても指導者は後ろから刺される、そういう国にしたのは韓国人自身で自業自得。

ヨシ!

逆になんであんな国と仲良くできると思うの?

日本に寄生して育ててもらったくせに、厚かましい奴らだ本当に

断交したいのでどうぞどうぞ。むしろ親日に舵を切られる方が迷惑

むしろ断交こそが正常化だろ何言ってんだ

ピックアップ記事
おすすめの記事