ピックアップ記事
【どうなる?】北京冬季五輪の外交ボイコットがほぼ無意味だと感じる理由
(山中 俊之:著述家/芸術文化観光専門職大学教授)

JBpressですべての写真や図表を見る

「日本も外交ボイコットすべきだ」

これは、高市早苗氏ら自民党保守派議員の言葉ではない。企業での経営幹部向け研修でのビジネスリーダーの発言である。

私は世界情勢と企業経営について数多くの研修を担当させていただいている。その中で、北京冬季五輪(以下、北京五輪)の外交ボイコットはよく出るテーマとなった。

確かに、100万人を超えるウイグル人の強制収容や人口を増やさないための不妊治療は常軌を逸した人権蹂躙であると言える。

SDGs(国連の持続可能な開発目標)への配慮が経営上不可欠なビジネスパーソンにとって、ウイグル問題に対して融和的な態度は禁物だ。自社製品の世界的な不買運動につながる可能性もある。日本政府に対して厳しい対応を求めようとすることは理解できる。

しかし、外交ボイコットがウイグル問題の改善につながるのだろうか。筆者は疑問だ。権威主義的傾向が強い中国が諸外国の外交ボイコットに対して、ウイグル問題を反省して対応策を講じるとはとても思えない。

そもそも、外交ボイコットとは何だろうか。明確な定義はなく、主として今回の北京五輪への対応としてできてきた概念だ。

外交ボイコットとは、かつてのモスクワ五輪のように五輪自体への選手派遣をボイコットすることではなく、政府代表者を派遣しないということを意味している。

五輪開催時には、世界各国の首脳が開会式などに来訪する。主催国にとっては、最高に晴れやかな舞台である。主催国の首脳にとっては国威掲揚の時であり、国民にも自らの力を見せつける最高レベルに重要なイベントである。それがボイコットされれば、習近平指導部にとっては実に痛手である。

国益に沿う外交を実現するための手段として、五輪のボイコットを使う。今回の場合、ウイグル問題等をはじめとした権威主義的な中国の政治を批判することで、中国の国際的な地位を貶めることが目的であろう。中国と経済的・政治的な覇権を競っている米国にとっては、中国の国際的な地位、評判が落ちることは国益に合致するのだ。

外交ボイコットが無意味だと考える理由

12月6日バイデン大統領が外交ボイコットを表明した後、12月15日現在、オーストラリアイギリスカナダが追随して表明した。その他、ニュージーランドコロナを理由に派遣しないことを表明している。

一方で、2024年五輪開催国のフランスは外交ボイコットをしないことをマクロ大統領が表明している。ドイツは未表明である。ハンガリーなど親中国もあるため、EU全体が外交ボイコットにはならないと思われる。

岸田首相は日本の外交ボイコットについて、「総合的に勘案して判断する」と表明するのみで、明確な姿勢を打ち出していない(12月16日現在)。

北京五輪のわずか半年前に東京五輪を開催し、中国から閣僚級とされる苟仲文・国家体育総局長ら政府関係者が来訪した日本の場合、誰も派遣しないというのは外交儀礼に反する。

外交ボイコットはせず、スポーツ庁長官など閣僚ではない政府代表者の派遣ということに落ち着くのではないかと考えている。

そもそも以下の理由で今回の外交ボイコットは効果が少ないと考える。

第一に、確かに外交ボイコットで中国の国際的な評判は落ちるであろうが、ウイグル問題などに象徴される中国の権威主義的な政治は、外交ボイコットでは改善しないことは明白であるからだ。

中国国内の人権問題については、米国などに反発してむしろ隠蔽が進む可能性もある。

米国、日本など世界の主要国の多くがマイナス成長となった2020年でも、中国は国内総生産(GDP)の2.3%成長を実現している(IMF)。国内市場の大きさもあり他国に媚びを売る必要がない。アフガニスタンタリバン政権のように、他国の援助に依存している国々には何らかの外交ボイコットは効果を発揮しても、中国には効果がない。全く事情が違うのだ。

五輪の政治化を後押しする外交ボイコット

1980年モスクワ五輪ボイコットは、前年のソ連のアフガニスタン侵攻に対する西側諸国の反対の意思表示であった。しかし、ソ連がボイコットによってアフガニスタンから撤退したわけではない。

むしろ、西側諸国への反発が強まり冷戦は一層深刻化した。冷戦の雪解けは、1985年ゴルバチョフ氏の書記長就任まで待つ必要があった。

第二に、平和の祭典である五輪が過度に政治化してしまうことだ。

今回外交ボイコットが実施されると、これらボイコットをした国に対し、中国が今後外交ボイコットをする可能性が高い。

2028年ロサンゼルス五輪について、中国がボイコットを仕掛けてくる可能性もある。もしそうなれば、ロサンゼルス五輪は、1984年に続いて2回連続で主要国(1984年はソ連、2028年は中国)のボイコットに遭うという不名誉な記録を作ることになる。

平和の祭典である五輪が過度に国際的な政争の場となってしまう。

ウイグルほど問題ほど深刻な人権問題は世界的に多くは存在しないとしても、どこの国も事件問題を抱えている。そのつど外交ボイコットをすることは問題をかえって深刻化させる。

第三に、第二の点を関係するが、分断が進むことだ。

バイデン大統領は、先日民主主義サミットを開催した。世界の国々を民主主義である国と民主主義でない国分けて、前者のみ100カ国以上を招待している。しかし、民主主義であるかどうかは簡単に二分されるわけでない。世界に分断をもたらしたのではないか。

フィリピンのドゥテルテ大統領も招待されているが、国内でジャーナリストが弾圧されるなど民主主義とはほど遠い面もある。ブラジルのボルソナロ大統領は確かに選挙で選ばれた大統領であるが、女性蔑視やLGBTQへの差別発言が目立つ。このようなボルソナロ氏が民主主義を体現していると言えるのだろうか。

今回の外交ボイコットは、せいぜい10カ国程度であろう。しかし、民主主義サミットセットになって分断を強化するものである。

外交ボイコットに対して岸田政権が取るべき態度

繰り返しになるが、ウイグル問題は決して軽視できないと思う。強いメッセ―ジを打ち出すべきだ。しかし、外交ボイコットは、国際社会の分断を強め、人権問題の解決を弱めるかもしれない。

岸田首相が長を務める宏池会は、ハト派の国際協調路線を重視してきた。国際協調路線を維持して、米中の関係改善の橋渡しにもつながるような真の意味でのしたたかな外交を展開してもらいたい。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  竹島に韓国人が毎日400人以上上陸する状況を作った日本の責任

[関連記事]

竹島の「現状破壊行為」を傍観すれば権利を放棄したのと同じだ

中国の「サッカー強国プラン」が破綻、給与遅延で帰化軍団が逃走

IOC本部で北京五輪開催に抗議する人々(写真:ロイター/アフロ)

(出典 news.nicovideo.jp)

リンピック冬季競技大会。一般的には、2008年夏の北京オリンピックと区別して北京冬季オリンピックと呼称され、北京冬季五輪と略称される。 2015年にマレーシアのクアラルンプールで開かれた第128次IOC総会で、開催都市が北京に決定した。これにより、2018年平昌オリンピック(韓国)、2020年東京オ
55キロバイト (6,225 語) - 2021年12月14日 (火) 03:04
参加をボイコットしない限り、無駄な抵抗としか思えない

<このニュースへのネットの反応>

要点に根拠というか論理性のない主張。そもそも外交的ボイコットが単独の項目として進行しているように勘違いをしている。

皆で参加して習近平様をたたえようとしか言ってないなこいつ

極左メディアと不愉快な仲間たちは東京五輪と北京五輪に対するダ*タを何とかしてから出直してくださいな。無理だろうけど。

やたら権威主義的という言葉を使うなあ。中国を貶めるも何も、実際に批判されて然るべき真似しかしてないし、何とか「無意味」って事にしたいらしいが、こう言う記事が上がる事自体米はじめ各国の外交ボイコット発表で中国が困ってる証左だと思うが。

外交的ボイコットが中国にダメージを与えると言う事は良く分かった、五輪の政治利用はいまに始まった事じゃないからな、こう言う事が理由なら別に良いんじゃねえの?

平和の祭典を開催しようってのに、拉致監禁、人権侵害、人民虐殺などなど狂気の沙汰としか思えないような血みどろの闇を抱えている国があるんですよね。中国っていうんですけど。

き…効いてない、効いてないから!(震え声)

今後すべて「五輪で外交すんな(どの開催国に関わらず外交ボイコット継続」でいいんじゃないですかね。そこくらいでしか接点のない(出来ない)国とかあるだろうけど、政治利用切り離すならこの程度当然でしょ?

そうだな、じゃぁ選手団の派遣もやめとくか。拉致の危険だってあるし。

実質的な効果があるかどうかじゃなく、抗議の意思を示すかどうかって話なんだけど? それも分からないぐらいに阿呆なヤツが、大学教授なんてやってるわけないよなぁ?

こんなコロナ禍真っ只中であんな杜撰でテキトーで節操無しのチャイナに全世界から集合しようだなんて国民虐待でしかないのでは?

JBpressは東京五輪を世界的クラスターになると批判してたよな。それで言うと、北京五輪も世界的クラスターになると批判しないとダ*タのゴミなんだが?と思ったけど、よく考えなくても反日の工作組織の時点でゴミだったわ。

見事なほどの中共の代弁者だ、人道国家に住むには向いてないからチャイナで広報の仕事を探したほうがいい

効いてる効いてるwwww

効きスギィ!

中国は特に「メンツ」を気にします。そして今国内の経済その他諸々がガタガタなのを覆い隠すため、対外的にも国内的にも「強い中国」をアピールしないといけない。それ故にこの「冬季北京オリンピック」はなんとしても成功させたいのだと思われます。なので少しでもケチがつく事を非常に嫌がっている節があります。

結局何が言いたいんだ?推論と無根拠な中国の言い分と諦めムードしか書かれてないじゃないか

北京五輪外交ボイコットは、ポーズに過ぎない。効果はほとんどないだろう。バイデン君は、下馬評とは裏腹に色々と頑張っているようだ。弱腰の日本じゃ、ボイコット無理だと思うなぁ。

中国に効くかももちろんだけど、日本が人道に対する罪に対して断固たる姿勢を示すことも重要だと思う。中国の悪事を黙認すれば中国と同罪になってしまう。

ボイコットを理由に、中国の我儘、無茶振りが加速しそうだけどね。

ピックアップ記事
おすすめの記事