ピックアップ記事

岸田首相の“目玉政策”はどこへ…自民党の衆院選公約に「令和版所得倍増」「住居費・教育費支援」記されず - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版

長期政権にはならないだろうね
NO.9919386

岸田首相の“目玉政策”はどこへ…自民党の衆院選公約に「令和版所得倍増」「住居費・教育費支援」記されず
岸田首相の“目玉政策”はどこへ…自民党の衆院選公約に「令和版所得倍増」「住居費・教育費支援」記されず
衆議院は10月14日午後に解散し、その後の臨時閣議で総選挙の日程が正式に「10月19日公示・31日投開票」と決まる。野党が憲法の規定に基づき開会を求め続けていた臨時国会は、新首相の選出のためようやく開かれたが11日間で終わり、選挙戦に突入する。解散から投開票まではわずか17日間で戦後最短。憲政史上でも異例の短期決戦となる。

野党側はこの臨時国会での論戦のため、予算委員会の開催を求めたが、岸田文雄首相はこれに応じなかった。岸田氏は新内閣発足の勢いと、新型コロナ感染者数の減少のタイミングで、解散総選挙に打ってでる決断を下した。

「国民の信任を背景に、信頼と共感の政治を全面的に動かしていきたい──」

首相就任後の初会見で、自らが目指す政治と選挙への決意を語った岸田氏。

だが、「宰相の椅子」を掴むに至った自民党総裁選で掲げていた政策のうち、首相就任後の初会見、国会での所信表明……と、時が経るにつれて言及しなくなった政策が出てきた。また、自民党の高市早苗・党政調会長が10月12日に発表した衆院選公約の政策パンフレットにも記入されなかった政策が複数あった。

■消えた「令和版所得倍増」
まず、経済政策として掲げた「令和版所得倍増」だ。

岸田氏は総裁選での政策集のうち、経済項目「新しい日本型資本主義 新自由主義からの転換」の中でこの言葉を記した。

今こそ、成長と分配の好循環による新たな日本型資本主義の構築が必要です。そのため、「新しい日本型資本主義」構想会議(仮称)を設置し、ポストコロナ時代の経済社会ビジョンを策定し、「国民を幸福にする成長戦略」..

【日時】2021年10月14日 11:51
【ソース】BUSINESS INSIDER JAPAN
【関連掲示板】

#31 [匿名さん] :2021/10/15 18:47

>>0
一律給付金で出してから総選挙だろ*岸田
総選挙やっている場合なのか?阿保

#38 [匿名さん] :2021/10/15 20:18

>>0
期待はずれ!(/。\)

#12 [匿名さん] :2021/10/15 13:40

なんですぐバレる嘘をつくんだろう・・・・、この嘘つきは。

#17 [匿名さん] :2021/10/15 13:59

#122021/10/15 13:40

なんですぐバレる嘘をつくんだろう・・・・、この嘘つきは。

[匿名さん]

">>>12
でも、その嘘つきを当選させてるのは地元民で、嘘つきが総理大臣になってしまうことをわかっていて自民党に票を入れてるのは国民なんだよな〜w

#14 [匿名さん] :2021/10/15 13:44

目玉政策とは解散の事だったのか?

#20 [匿名さん] :2021/10/15 15:05

#142021/10/15 13:44

目玉政策とは解散の事だったのか?
[匿名さん]

">>>14
そうだね
早く解散した総理大臣